今日も素敵に!

アクセスカウンタ

zoom RSS 亡き祖父を思う

<<   作成日時 : 2015/03/06 00:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

昨日 祖母のことを書きましたら
忘れられない祖父とのひとこまを 思い出しました

私の大学進学が決まって 母と暮らすことになり
故郷を離れることになった雪の日
バスで1時間かかった 国鉄の駅のホームで
あまり言葉を交わすこともなく 汽車を待っていましたが

汽車が入ってくると祖父は
「気いつけて行きんさい 頑張りんさいよ 
 お母ちゃんと仲ようしんさい いつでも帰ってきんさい」
そう言って ボストンバッグを手渡し

汽車に乗り込んだ私に向かって
まっすぐに立って 最敬礼をし
その後 深々と頭を下げて また最敬礼をして
見送ってくれました

祖父のアルバムの中にあった
海軍の軍服姿で敬礼をした 若い祖父の姿がうかんで
なんとも言えない気持ちになったものでした

寂しい思いをさせるなぁ
「教師の資格をとって また帰ってくるけえ」
そんなことを言いましたが

大学4年間を経て 私は資格をとったものの
それは就職のための 履歴書用の資格と言われ
母の言うなりに ある会社に入社しました
あの頃の女の子は ほとんど就職は コネというのか
紹介がなければ 良いところへは入れない
そんな時代でした

田舎に帰りたいと ポソッと口にしたとき母は
「何のために4年も大学行かせたと思ってるの
 あの田舎に帰すぐらいなら 最初から呼ばへんわ
 噂話ばかりの古臭い田舎に 住めるはずがないやろ」

大学に行かせてもらった手前 押し切ることもできず
私は大阪の人となり その後良い出会いもあって結婚
田舎には帰れなかったけど
かわいい 初ひ孫を抱かせてあげたときは
祖父は とても喜んでくれて
「えかったなぁ ええ人にもらわれて」と 嬉しそうでした

田舎での16年ほどの間には いろんなことがありました
封建的な祖父で 祖母とのけんかの場面もよく見ました

でも やさしい面もたくさんあって
泳げない私を 大川に連れていって
海軍仕込みの泳ぎを見せて 教えてくれたり
自転車に乗れるよう 優しく教えてくれたり
熱を出すと アイスクリームをたくさん買ってきてくれたり
参観日には 祖母と交互に来てもくれました
冬には 板や竹からスキーやソリを作ってくれたり
器用な人でした

おいしいお米 あのフクヒカリの味は忘れられません
和牛の共進会での受賞も たびたびありました

もっとたくさん 話を聞いてあげたかった
戦争中のことも もっとちゃんと聞いておけばよかったと
後悔はありますが

今の私を見てくれていたら きっと喜んでくれていると
そう思います
祖父に教えられたことが 今 広場で役立っています
私の勇ましい(笑)作業の姿に なごむと言ってくれる人もいて
それも祖父のお蔭です

あの田舎での生活があるから 今があると思います

まだまだ 知らない世界がいっぱい
生かされている今を 楽しもうと思います

こんなふうに 祖父母を思い出すのも何かの知らせ?
真面目に生きようと 思います






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます おじいさんの想い出

読ませていただきました 

なんだか動画を見ているようで

胸が熱くなりました 厳しくも優しいお爺さん

就職先に向かう列車を見送って敬礼

海軍の兵隊さんだったんですね

私は就職先に向かう汽車を見送ってくれたのは

友達の しろ♂犬でした

悲しそうに遠吠えで・・・

今でもはっきりと覚えています

海軍の兵隊さんと言えば 今 私の班に

元 海軍の兵隊さんが一緒に作業してます

今年87歳になりましたが 朝の挨拶は

直立不動で敬礼の挨拶 私も敬礼で返すのですが

上官である私が手を下すまで

敬礼の手を下しません 

厳しく仕込まれていたんですね

この人 昭和20年8月15日 終戦の日

特攻隊で戦地に飛ぶはずだったそうです

飛んでいれば敵艦に体当たりして

海の藻屑と消えるとこだったと・・

直前に戦争が終わって命拾いしたと言ってます

H.R
2015/03/06 06:12
H.Rさん おはようございます

悲しそうな遠吠えに見送られて・・・忘れられない場面ですね。
海軍仕込みの祖父、背が高く姿勢の良い力持ちの人でした。
終戦の日は、自宅で玉音放送を聴いて迎えたそうです。
そのころ、呉に帰港していて、明朝深夜には出航するので、一日だけ家に帰って来いと上官から言われ、家族に別れをするための一泊が運命を変えました。

もっと話を聴いておけば、なんという船に乗っていたのか・・・
細々と気が利いたので、かわいがられたという話を聴いたように思います。
機会があればまた古いアルバムを見てみたいと思います。
みかんママ
2015/03/06 09:24
私もおばあちゃん子だったので、なつかしいです。妹が体が弱かったので、母はいもうとにつきっきりでした。私は祖父と祖母と畑に出ていました。花や野菜が遊び友達でした。大家族で、大人に囲まれて、たくさんの人からかわいがってもらってわがままに育ちました。今でもわがままです。
えんねこ
2015/03/10 16:27
えんねこさん こんばんは

今夜も冷えますね、昨日は一日雪が舞い午後には吹雪でした。
そんな景色にも田舎の山の景色を思います。
そうですね〜 花や野菜が遊び友達、まさにそんな日々でした。

可愛がられて大きくなってこられた、良かったですねぇ。きっとえんねこさんが、良いお子さんだったからだと思います^^
みかんママ
2015/03/11 01:27
本当に素敵な思い出ですね
祖父母とは おやすみの時に
ちょっと訪ねて行くだけで
濃い思い出と言う感じでないので
羨ましいです
おとめ
2015/03/11 12:21
おとめさん ありがとうございます

2歳のころから父親代わりの祖父でした。
生活の知恵を多く教えてくれました。
懐かしく思い出しました。
みかんママ
2015/03/12 08:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
亡き祖父を思う 今日も素敵に!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる